心を見てもらう前におしゃれをしなくてはいけない

婚活の最終的目標は、もちろん幸せな結婚生活なのですが、その過程においては必ずしも幸せな結婚生活に関わることだけを行っていくわけではありません。これは私が体験して想ったことです。

長い目で見て一緒にいて楽しい人、価値観が合う人などが長く続くカップルだと想います。そう考えると、所詮はその場限りの見た目の良さは婚活には必要ないではないかと想うところなのですが、実際はそういう理屈が必ずしも通用するとは限りません。悲しいかな、第一印象とはやはり男女問わず重要とするところなのです。

こんなことを言うと恥ずかしい気もしますが、私はどこまでも潔白な人間だと想っています。高潔な魂を有していると想います。よって、内面に限ってはそこらの男には負けないとまで想っています。しかしそれとは相反して、見た目の点においてはほとんど気にかけていませんでした。具体的にどういうことかというと、ファッションが適当すぎたのです。もちろんファッションでパートナーを選ぶなんてこともないでしょうが、かと言ってここで点数が稼げなくては不利となるのも悲しい事実です。

私は普段から動きやすさや風通しの良さなどを考慮した極めて簡素な格好をしています。つまるところジャージやその他のスポーツウェアです。自分の経験として婚活の時にこういう格好はあまり受けが良くないと想いました。見た目で冷められると、肝心な勝負どころである心を知る関係まで発展しないということが分かりました。ある程度はおしゃれの技術も磨かなければなりません。

そこで私は同じ血が通いながらもファッションセンスが私とはまるで違うおしゃれな兄に相談を持ちかけました。彼に出会いの場、その先にはデートに適した格好をチョイスしてもらいました。餅は餅屋という訳で、彼にとっての餅である服を選ぶセンスは確かなものでした。少し悔しい気もしますが、服を変えたことによって周りの反応は確実に良いものに変わりました。婚活をする際には自分のファッションセンスはどうなのか、それを考えると良いと想います。

婚活サイト 女性無料、などといった感じで検索するとわかるように、女性は無料で婚活している人が多いです。男性は無料ではないことが多いので、痛い出費ではありますが、服装を整える、身だしなみに気を配ることは婚活をする上で必須項目なのです。