マッチングアプリを駆使して、40代のみなさんも素敵な婚活しましょう!

40代を過ぎてしまって、婚活が上手くいかないと悩んでいるかたはいらっしゃいませんか。
私もやはりアラフォーとなってから婚活が上手くいかずに悩んでいた時期がありましたが、考え方を変えたら驚くほどスムーズにいくようになりました。
私の体験からくる必勝法をご紹介します。
■自ら動く
私も女性がからガツガツ行くはあまりよくないと考えていた時期がありました。
しかし、婚活においてそんな遠慮はいらないのです。
待っているだけでは理想の男性が近づいてくるかどうかは運任せです。
気になる男性がいるのではあれば積極的にいかなければなりません。
言葉を選ばずに言うと本気で結婚したいのであれば照れている場合ではないのです。
男性だった同じですよ。奥手で消極的だと言い訳せずに自分の殻を破らなければ良い出会いはありません。

■マッチングアプリを駆使する
自分の身近な範囲だけで婚活をするのは現実的に難しいです。婚活をうまくいかせるのであれば、活動の範囲を広げていく必要があります。
そんな時に絶対に外せないのが、マッチングアプリです。
こちらに、40代の方にオススメのアプリを紹介していますので、参考にしてみてください。
⇒⇒⇒40代はどのマッチングアプリがいいの?※失敗しないアプリ3選

見ず知らずの人とサイトで出会うのはちょっと、なんて古臭いことは言わないでください。
マッチングアプリには本気で結婚を考えている男女が年齢を問わず集まっています。
自分の価値観に合う人とマッチングすることができますので、長い結婚生活を考えても齟齬がなくなるためにとても有効です。
私も何人か素敵な人と出会うことができました。決してマッチングアプリを侮ってはいけません。

■妥協はしてはいけない
婚活が上手くいかないと焦ってしまい、ちょっとだけ良い関係になった人で手を打とうと考えてしまいますが、それは良くありません。
いくら結婚をしたいと言っても自分を安売りしてはいけません。結婚は幸せになるためのものであって、結婚自体がゴールではありません。
それを考えたら絶対に妥協をしてはいけません。自分の気持ちに正直に婚活をしましょう。

私も婚活には時間がかかりましたが自分の気持ちに正直になった結果だと思っているので後悔はありません。
自分に正直であれば気になる人には恥ずかしくなく積極的にアプローチをすることだってできます。
婚活には全力でぶつかっていきましょう。

心を見てもらう前におしゃれをしなくてはいけない

婚活の最終的目標は、もちろん幸せな結婚生活なのですが、その過程においては必ずしも幸せな結婚生活に関わることだけを行っていくわけではありません。これは私が体験して想ったことです。

長い目で見て一緒にいて楽しい人、価値観が合う人などが長く続くカップルだと想います。そう考えると、所詮はその場限りの見た目の良さは婚活には必要ないではないかと想うところなのですが、実際はそういう理屈が必ずしも通用するとは限りません。悲しいかな、第一印象とはやはり男女問わず重要とするところなのです。

こんなことを言うと恥ずかしい気もしますが、私はどこまでも潔白な人間だと想っています。高潔な魂を有していると想います。よって、内面に限ってはそこらの男には負けないとまで想っています。しかしそれとは相反して、見た目の点においてはほとんど気にかけていませんでした。具体的にどういうことかというと、ファッションが適当すぎたのです。もちろんファッションでパートナーを選ぶなんてこともないでしょうが、かと言ってここで点数が稼げなくては不利となるのも悲しい事実です。

私は普段から動きやすさや風通しの良さなどを考慮した極めて簡素な格好をしています。つまるところジャージやその他のスポーツウェアです。自分の経験として婚活の時にこういう格好はあまり受けが良くないと想いました。見た目で冷められると、肝心な勝負どころである心を知る関係まで発展しないということが分かりました。ある程度はおしゃれの技術も磨かなければなりません。

そこで私は同じ血が通いながらもファッションセンスが私とはまるで違うおしゃれな兄に相談を持ちかけました。彼に出会いの場、その先にはデートに適した格好をチョイスしてもらいました。餅は餅屋という訳で、彼にとっての餅である服を選ぶセンスは確かなものでした。少し悔しい気もしますが、服を変えたことによって周りの反応は確実に良いものに変わりました。婚活をする際には自分のファッションセンスはどうなのか、それを考えると良いと想います。

婚活サイト 女性無料、などといった感じで検索するとわかるように、女性は無料で婚活している人が多いです。男性は無料ではないことが多いので、痛い出費ではありますが、服装を整える、身だしなみに気を配ることは婚活をする上で必須項目なのです。